芦田愛菜の親の教育方針は本当は厳しくない?

バラエティでもドラマ、映画でも大活躍の芦田愛菜さん。

幼い頃から高い演技力と、年齢以上の落ち着きで世間をにぎわせてきましたね。

そんな中で気になるのが親の教育方針かもしれません。

「どう育てたら、あんな良い子に育つんだろう?」と気になるかもしれませんね。

そこで今回は芦田愛菜さんの親の教育方針を調べてみました。

芦田愛菜の親はどんな人?

芦田愛菜さんのお父様は三井住友銀行で働いておられ、2021年現在はリテール部門でお仕事をされておられるようです。

すでに複数支店の支店長も経験され、キャリアを積まれてこられたんですね。

お母様は愛菜さんのマネージャーとして、芸能活動を全面的にサポートされておられます。

愛菜さんが小さい頃は、共演された女優さんが驚くほど裏方に徹して愛菜さんをサポートしてこられ、大人とお仕事をすることをきちんと教えてこられたようです。

ご両親ともに教養があり、人望の厚い方だからこそ、愛菜さんのようなお子さんが育ったのでしょうね。

スポンサーリンク

芦田愛菜親の教育方針は厳しくない?

どうしたら芦田愛菜さんのような立派な子供に育つんだろうと不思議に思いますよね。

教育方針が厳しかったから、大人顔負けのコメントや演技ができるのか?とも思いましたが、一般的にイメージするような厳しい教育方針ではなかったようです。

芦田愛菜さんも度々、父親の影響で幼い頃から普段の生活の中で読書をすることが当たり前だったと語っています。

疑問に思ったことや興味を持ったことに対して、本を通して考えてみるようにされていたようです。

親ならすぐに教えたり、注意したくなるところですが、自分で考えるトレーニングを小さい頃から続けていたんですね。

本を自分で読めるようにするために、かなり幼い頃から読み聞かせを習慣にしたり、ひらがなも読めるように教えたそうです。

また、五感を育てるための習い事や家でのお手伝いもさせていたようです。

芸能活動をしながらでも、きちんと教えておられてすごいですよね。

芦田家の教育方針は厳しくするよりも、いろいろな体験や考えに触れられるように親がしっかり向き合ってあげるということなんですね。

愛菜さんの感性が豊かで「天才」と言われるのも納得です。

まとめ

芦田愛菜さんの親が実践してきた教育方針について調べてみました。

もともとエリート一家だったということもあるかもしれませんが、愛菜さんの自主性を尊重しつつ、自分で考えるための環境を整えることが芦田愛菜さんの親の教育方針でした。

特別厳しい教育方針だったわけでもなく、本を読み聞かせたり、本をプレゼントして考えさせるようにして、子供の疑問や興味にとことん付き合ってあげてきたようです。

色々な才能を開花させ続けている、芦田愛菜さんのこれからの活躍も楽しみですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました