アニメ「赤ちゃん本部長」の見どころは?放送予定はいつ?

2021年3月末にEテレでアニメ「赤ちゃん本部長」が放送されましたね。

コミックでも人気でしたが、テレビシリーズも人気で、NHKで再放送されることも決まりました。

見逃してしまった人もどんなアニメか気になっている人も、再放送の予定をチェックしておきたいですよね。

今回は「赤ちゃん本部長」の見どころと放送予定について調べてみました。

と、ショートアニメながら見入ってしまって原作もチェックしたくなってしまった、赤ちゃん本部長の放送予定について調べてみました。

「赤ちゃん本部長」はどんなアニメ?

「赤ちゃん本部長」は株式会社モアイの営業部でバリバリ仕事をしていた武田本部長が、ある日突然8ヶ月の赤ちゃんになってしまったことから始まる、仕事や人間模様を描いたストーリーです。

会社の中で赤ちゃんが仕事をしているという不思議な光景は見ていてクスッと笑ってしまいますし、赤ちゃんになってしまった上司をサポートする部下たちの奮闘ぶりは、見ていてほっこりしますね。

見た目にとらわれずにいつも通り仕事をしようとする武田本部長の姿は、周囲の人たちの働き方を考えさせて、アニメを見ている私たちにも仕事との向き合い方を考えさせますね。

武田本部長にも実は色々な悩みがあり、赤ちゃんの姿になることで素直になって話し合いができるようになっていきます。

赤ちゃんの姿を利用して、心の声をみんなが言葉にしていく様子は今の多様性の世の中を表しているようにも見えて、ただほっこりするアニメだけではないのも魅力の1つです。

さりげなく今の社会の中での問題提起をしつつ、家族で楽しめるアニメですね。

スポンサーリンク

「赤ちゃん本部長」の見どころは?

ありえないシチュエーションと分かっていながら、つい見入ってしまう「赤ちゃん本部長」は、どの世代でも楽しめるショートストーリーです。

子供には社会がどういう様子なのかを見てもらえるきっかけにもなりますし、働いている大人からすると「あるある」な場面も多く、楽しく見ることができます。

アニメでは武田本部長をチームナックスの安田顕さんが演じておられるのも、個人的には特におすすめしたい見どころです。

ナレーションもされるほどの安田さんの素敵な低音ボイスと赤ちゃんの姿というギャップには、我が家全員で大爆笑していました。

赤ちゃんになった上司を問い詰めることもなく、大切に接している部下たちとの信頼関係も見どころです。

赤ちゃんの姿なのに低音の良い声で取引先の人を一喝したり、部下に的確な指示を出していく武田本部長の姿は、働く世代の心に響きますし、子供にとっては仕事を学ぶ機会になるかもしれません。

「赤ちゃん本部長」の放送予定はいつ?

「赤ちゃん本部長」は2021年5月2日(日)から5月5日(水)の4日間で全8話を1日2話ずつ放送される予定です。

5月2日(日)は18:32〜18:42ですが、それ以外の日は18:35〜18:45で放送されます。

短い時間の放送なので、早めに忘れずにチェックしてくださいね。

我が家でも前回の放送を見逃してしまっていたので、今回は録画予約をしておきました。

これからの放送が楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

アニメ「赤ちゃん本部長」の見どころと放送予定についてご紹介しました。

赤ちゃんの姿になってしまった本部長が、周りの人たちと一緒に仕事の向き合い方や人生観を考えていく、シュールだけどほっこりするアニメです。

原作マンガではもっと先のストーリーまで見ることができますが、やっぱり動いている武田本部長を見たいですね。

ぜひ再放送を楽しみにしたいですし、できるならアニメシリーズが今後増えることも期待したいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました