引地川親水公園のドッグランはどんな所?場所や利用方法をご紹介

引地川親水公園はわんちゃんのお散歩で利用される方がとても多いですが、ドッグランの利用もとても人気です。

でも事前に登録をしておかないと利用できませんし、登録のタイミングも決まっています。

そこで今回は「引地川親水公園のドッグランはどんな所?場所や利用方法をご紹介」というテーマで、愛犬と引地川親水公園で楽しく遊ぶ方法をご紹介します。

引地川親水公園のドッグパークとは?

引地川親水公園内のドッグパークは遊具やベンチスペースからは少し離れた場所にあります。

ドッグパークの利用時間は3月から10月は6:00〜19:0011月〜2月は7:00〜17:00なので、登録している方は毎日のお散歩のついでに少し寄ることもできますね。

車でお出かけの時には公園の管理棟側の駐車場に停めると、ドックパークまでの移動距離も短くなるのでおすすめです。

ただし駐車場の利用時間は9:00〜なので朝早い時間に利用される方は注意してくださいね。

ドッグランスペースは中・大型犬専用のエリアと小型犬専用エリアに分かれているので安心して遊ばせることができます。

河川敷の公園なので、天候によって足元のコンディションが良くないこともあります。

また、天候が良くない時には閉鎖することもあるので事前にホームページやツイッターで確認しておくと安心です。

スポンサーリンク

ドッグパークの登録・利用方法は?

引地川親水公園のドッグパークは事前の登録が必要で、利用期間は10月から翌年の9月までの1年間になります。

しかも登録時期が8月、11月、2月と年度内に3回の登録受付と決まっています。

期間外の受付はできないので、事前に受付の時期を確認して書類を準備しましょう。

複数のわんちゃんの登録も可能です。

ドッグパークは利用する時には、ボールなどの遊び道具やおやつの持ち込みは禁止です。

マナーを守って楽しく利用しましょう。

公園内のお散歩も楽しめる!

引地川親水公園のドッグパークも利用できますが、公園内もリードをつけたままお散歩することもできます。

芝生エリアもあるので、わんちゃんの足に優しくお散歩できますよ。

舗装された歩道もあるので、ドッグカートを用意すればわんちゃんを休憩させながら散策できます。

公園内のベンチもわんちゃんと一緒に利用できるので、ご飯やおやつも一緒に食べられます。

ドッグパークは水分補給以外の飲食は禁止なので、公園でご飯を食べてまたドッグパークで遊ぶこともできますね。

また園内には季節の花がきれいに咲いているので、愛犬との写真をたくさん撮っている方もよく見かけます。

ドッグパークのコンディションがイマイチの時や少し混雑している時には、少しプランを変えて公園内で楽しむこともおすすめします。

スポンサーリンク

引地川親水公園で愛犬と楽しく過ごそう!

引地川親水公園のドッグパークについてご紹介しました。

事前の登録が必要で受付時期も決まっているので、ホームページでチェックして忘れずに登録の申請をしてくださいね。

他のわんちゃんや飼い主さんに迷惑にならないようにマナーを守って利用しましょう。

ドッグパークが利用できない時でも公園内を散策して楽しむこともできます。

混雑していたりゆったり遊ばせたい時でも公園内をお散歩してみてください。

引地川親水公園で愛犬との楽しい時間を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました